pick up !
    このサイトについて⇒
    くちコミマンガ⇒
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
苺ましまろ 1 (1)
苺ましまろ 1 (1)
posted with amazlet at 05.05.30
ばらスィー
メディアワークス (2003/01/27)
売り上げランキング: 2,070
通常24時間以内に発送
おすすめ度の平均: 3.76
4 こりゃギャグマンガだってば
5 等身大の少女たちの、ちょっとおかしな日常風景。
3 ちぃちゃんの周りは、いつもこんなカンジ?

アンチ人間レビュー
アニメも好評(能登さんの声のおかげ)な大人気作品、苺ましまろ。

とにかく、まず言っておきたいことは、キャラが全員かわいいということ。

かわいい。かわいい。かわいい。

「アナちゃんかわいいよー!」

苺ましまろの半分はかわいいでできております、とでもいったところか。
ばらスィーさんは本当にかわいいが好きなのでしょう。

その昔、芥川龍之介が芸術至上主義を貫徹したように、ばらスィーさんは、さしずめ可愛い至上主義者とでもいえるのではないのでしょうか?
人生において、可愛いかわいい、ことこそを最重要として扱う可愛い至上主義。
私、アンチ人間も自称可愛い至上主義者なのですが、かわいいの研究をしていくと、かわいいを突き詰めていくと、はやり男よりも女のほうがかわいく、女よりも少女、少女より幼女のほうがかわいい、というふうになっていってしまうのです。

これを聞いて、私イクォールロリコン、などといわれるのは真に心外で遺憾です。
これは、可愛い至上主義者として研究してきた結果としての事実なのです。
別に難しいことではなく、四角より丸、大きいより小さい、大山のぶよより能登、…とそれだけのことなのです。

ばらスィー氏もおそらく可愛い至上主義者なので、苺ましまろのような少女、幼女の作品にゆきついたのだと思います。

少しでも可愛い至上主義に興味をもたれたなら、一度でいいから苺ましまろを読んでみてください。
新しい世界が見えてくるかもしれません。

(注:アニメ版を最初に見ることは、あまりお勧めしません。アニメ版苺ましまろの見所の80%は能登麻美子の声なので。なのであまり可愛い至上主義を堪能できません)


                   アンチ人間公式ホームページ
スポンサーサイト
関連商品
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。